ウォーターサ―バーには、どんな種類があるの?

ウォーターサーバー水の種類で分けられる

ウォーターサーバーはまず水の種類で分けられます。主にウォーターサーバーのメーカーが扱っている水として天然水とRO水、RO水にミネラルを添加したものなどがあります。天然水は水源の地下水を原料としており、地層に含まれるミネラル分が含有されている水のことです。化学処理などは行わず沈殿とろ過、加熱処理をしているため安心して飲めます。
次にRO水はミクロレベルのフィルターであるRO膜でろ過された水のことをいい、繊細な不純物も取り除くことが可能です。純水に近いことからピュアウォーターと呼ばれることもあります。ミネラル分を添加することで調整した水は、デザインウォーターと呼ばれます。それぞれの特徴を知って選びましょう。

ウォーターサーバーのボトルの種類について

ウォーターサーバーのボトル方式として、リターナブル方式があります。空になったボトルを回収することで再び使うシステムであり、丈夫な素材でできているのが特徴です。空容器は次に水が配達されるまで自宅に保管しておきましょう。回収した容器は、向上で洗浄や検査を行います。
次にワンウェイ方式のボトルは使い捨てです。使用後は家庭用資源ごみとして折りたたんで出す事ができます。ウォーターパックやペット樹脂ボトルが使われており、ゴミを少なくしたいならばウォーターパックにしましょう。生活環境によってどのタイプのボトルがよいか判断するのが大事です。ボトルごとの使い勝手を良く知って、家庭に合ったものを選ぶことをおすすめします。

安心安全で、しかも美味しい宅配水が注目されています。重いボトルが自宅に宅配されるので、購入の手間が省けるのも魅力です。